サプリメントOEMで安全性の高い製造メーカーの見極め方とは?

サプリメントOEMで安全性の高い製造メーカーの見極め方とは?

OEMとは、「Original Equipment Manufacturing(Manufacturer)」の頭文字を取った言葉です。
「受託製造」と訳され、自社ブランドの製品を受託企業に依頼して製造することです。
受託企業から提案された製品を自社製品として依頼する場合と、企業が作ってほしい製品の製造を受託企業に依頼する場合があります。
初期費用をかけることなく自社のオリジナルブランドを作成でき、小ロットで依頼できるので少ない資金で済みます。
サプリメントをOEMする場合に安全性の高い企業を見極める方法の1つは、十分な実績があることです。
実績があれば、的確な助言をもらうこともできます。
製造工場がGMPやISOを取得していれば、適正な品質管理基準に基づいていることの目安となります。
定義が曖昧なサプリメントだからこそ、取り扱う原料の幅が広く指定の材料に対応できるか、取り扱いがなければ仕入れが可能かなどを確認しておくと安全性の確保が可能です。

サプリメントのOEMにはISO取得会社を選ぶ

最近はサプリメントの広告がかなり目立つようになってきています。
テレビなどを見ても、かなり頻繁に見るようになってきました。
このことは、数多くのサプリメントが購入されているということを示しており、大きな市場規模を持っているということがわかります。
しかしこのような製品の製作のためには、いくつかクリアすべき条件があります。
その一つが法律上の問題で、もう一つは、実際にその製品を製造するための製造ラインの建設です。
これらは新規参入する際に障壁となりますので、なるべく避けたいというのが本音です。
そのようなことからOEMによる商品開発が行われてきました。
このような委託製造会社を選ぶ際には、ISOやGMPなどの一定の基準を満たしているということが大切になってきます。

サプリメントに関する情報サイト
サプリメントOEMで起業しよう

このサイトは独立起業も夢じゃない、サプリメントOEMの基本知識やお勧めメーカーの特徴などを紹介しています。栄養補助食品販売をビジネスにしたいため、検討している人に向いている内容となっています。サプリの受託製造をする安全性の高い製造メーカーの見極め方にも触れているサイトです。安心して任せられる会社を見つけるのに役立つ可能性があるといえるでしょう。またサプリの製造を依頼する場合の費用相場を知る方法も紹介しています。

Search